“フラット35”って聞いたことありません?

私はどこかで聞いたな~でもわざわざ調べるのもなぁ、後で調べよう…と思って、毎回調べずに終わっていたのですが、先日ふとした機会でその意味を知ることができました。フラット35とは、最長で35年まで組める、長期固定金利住宅ローンのことなんですね。

そうか、フラットって平坦って意味だから、ずっと金利が変わらないってことか…と一人納得。フラット35の意味を知った時に、ちょっとした情報も一緒に手に入れたのですが。

今まで大人気だったわけではないが、少し前に改善されてからは、かなり有用なローンになったのだと。改善点の一つは、借り換えが可能となったことなんだそうです。住宅ローンにおいて、借り換えは重要ポイント。フラット35は繰り上げ返済手数料や保証料は無料で、その点は評価されていましたが、借り換えが出来ないのは難点でした。しかし借り換えが可能となることにより、
・固定金利のため、煩わしい計算も必要なく、月々の返済額も定まっており計画も立てやすい
・月々の返済額が上がったとしても支払い総額を減らしたい人にとっても有効
・他のローンからフラット35に借り換えた場合、返済期間を延長し、月々の返済額を減額することができる

というメリットを持った住宅ローンが誕生したことになるのです。

実際に、上記のように借り換えを行い、支払総額が700万円ほども少なくなった例もあるんだとか。そんなに得をするチャンスもあるというのは、夢がありますね!私も得をするかどうか、シミュレーションしてみようかな…。

 

住宅ローンの審査について

住宅を購入する際に気になるのが住宅ローンの審査が通るかです。その審査とはどういうものなのか皆さんはお分かりでしょうか。誰でも借り入れできるものではありません。収入面や返済能力がないようであれば審査が通る事はありません。特に、個人の信用情報やや勤務先、勤続年数、健康状態が基準となります。信用情報は他に借り入れがないか見られますのでなるべく早く完済しておいた方が良いでしょう。

そして勤務先や勤務年数も重要で、この先仕事を変えることなく安定した収入がある人は問題ないですが、転職を何回か繰り返している人は通らない可能性もあります。また、住宅ローンを組む時に団体信用生命保険という保険に加入することが義務付けられています。借り入れた本人が返済できない状態になった時に保険金が支払われ債務を弁済することが出来ます。その保険に加入できる健康状態でなければなりません。

このように住宅ローンを組む際にはいろいろな条件を満たしていなければいけませんのであらかじめ情報収集をしてローンが組める状態にしておくのが必要になります。住宅を購入するのは人生で一番高価な買い物ですのでスムーズに住宅を購入できるように準備しておく事が重要になります。

 

みずほ銀行で住宅ローン借り換えを行うメリット

みずほ銀行で住宅ローン借り換えを行うメリットについて説明します。とにかく手続きが簡単という事が挙げられます。みずほ銀行はインターネットバンキングとしても利用する事ができますので、住宅ローンの申込をネットでする事が可能となっています。返済の手続きがネットで手軽でできますし、それでいて無料できますのでこれは利用しないと勿体ないです。

それとネットを活用する事によって、明細とかも手軽に確認できるというのも非常に管理が楽で良いと思います。住宅ローンに関連した保険商品が充実しているのもみずほ銀行の良い所であります。その中の1つとしては、団地信用生命保険があります。これはローン返済中にもしもの事があっても、保険金で住宅ローンが返済できる様になっています。

その他にも疾病保険や火災保険がありますので、もしもに備えてこういった保険に入っておくというのも良いと思います。住宅ローン借り換え中であっても、みずほ銀行のカードローンと多目的ローンを有利な条件で利用できるというのも魅力的です。

カードローンは、住宅ローンと比べて使用用途が自由でありますので、他の事でお金が必要になった時にとても頼りになります。それをお得な条件で利用できる様になっていますので、これは非常に魅力的だと思います。専門のアドバイザーやランキングで比較する住宅ローンの金利に関するサイトがあるというのも、とても安心して借り換えができる要素であるかと思います。

お金に関する事になりますので、やはり専門の方の意見というのは、素人にとってありがたいですので、そういったサービスがあるというのは非常に嬉しい事だと思います。

長期固定型住宅ローン「フラット35」の金利 3か月ぶり上昇

長期固定型の住宅ローン、「フラット35」の6月の金利は、指標となる長期金利が上がったため、最長35年のローンで最も低い金利が1.09%と、3か月ぶりに上昇しました。

「フラット35」は、住宅金融支援機構が民間の金融機関と連携して取り扱っている住宅ローンで、最長で35年間、金利が固定されます。

実際の金利は、金融機関によって異なりますが、利用者が最も多い返済期間が21年以上、35年以下で借り入れる額が住宅の購入額の90%以下の場合、今月は最も低い金利が先月より0.03ポイント上がって年1.09%となりました。

この条件の「フラット35」の金利が上昇したのは3か月ぶりで、住宅金融支援機構は、指標となる先月中旬ごろの長期金利が上がったことを反映したためだとしています。住宅ローンの金利をめぐっては、大手銀行のうち4行も1日から10年固定の住宅ローンの金利をいくぶん引き上げています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170601/k10011002881000.html